アクセス数を増やすだけでなく離脱率を低くする方法

 

アフィリエイトは、一番代表的なネットビジネスです。広告収入によって稼ぐ事は十分可能です。ただし稼ぐポイントも幾つかあって、アクセス数を集めるだけでは不十分です。リピーターを増やすための工夫も求められます。

離脱されると成果にならない

確かにアフィリエイトで稼ぐ為には、アクセス数も集める必要はあります。せっかくブログやホームページなどに広告を掲載しても、それが見られなければ成果に結び付きません。できるだけ広告を見てもらう為に、まずはアクセス数を集める訳です。
しかしアクセス数が多くても、成果に結びつかないケースもあります。その理由は、すぐに離脱してしまうからです。
ホームページにアクセスしてくれた方は、必ずしもコンテンツを全て読んでくれるとは限りません。多少はコンテンツは読んだものの、すぐに×ボタンで閉じられてしまうケースがあります。いわゆる離脱です。×ボタンで閉じられれば、もちろん成果には結びつきません。離脱率は軽視できないのです。

考えられる原因を特定して対策を施す

離脱率が高いことが分かった場合、やはり対策は施す必要があります。そもそも読者が離脱するにしても、必ず何らかの理由があります。まずは、その理由を特定するのが望ましいです。
色々理由を追求してみた結果、コンテンツの魅力に原因と分かる事もあります。読者にとってあまり有益な情報が書かれていないコンテンツなら、離脱されるのも当然です。その場合は、コンテンツを充実させる必要があります。
またページの重さが原因のケースもあります。読み込みが非常に重たいサイトですと、読者としてはストレスが高まってしまいますから、読み込み動作を軽くすべきでしょう。
原因は色々考えられますが、ポイントは「離脱率が高い」という事実を把握する事です。その数字の問題点が分かっていなければ、対策も施せないからです。ですからアクセス解析などを活用して、まずは客観的な問題点を洗い出しする必要があります。

アクセス数だけにこだわらず魅力的なサイトを作っていく

ですからアフィリエイトで成功したいなら、アクセス数だけにこだわり過ぎるのは禁物です。確かにアクセス数も大切ですが、リピーターの人数を増やす事も軽視できません。アクセス数と離脱率は、車輪の両軸になる訳です。
結局は、アフィリエイトというネットビジネスは、コンテンツの魅力に大きく左右されます。そのビジネスで稼ぎたいなら、できるだけ魅力的なサイトを作るよう心がけてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。